« 2004年3月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年4月21日

新現実届く

『新現実 vol.3』が届いたので斜め読み。表紙は、データで見るよりシック。志位委員長インタヴューは面白いけれど、しかし共産党って難攻不落だなあ。難攻不落な時点で限界がはっきりと見えているとも言える。

それはそれとして、「飛鳥井全死~」について。普段は「作品の価値なんて読者が決めることなので」云々というスタンスなのだけれど、今回だけは、絶対的に傑作である、と言っておく。これに関しては、そしてこれだけは、魂で書かせて頂いた。それが瑕になり得るということは承知の上で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月19日

すごい表紙

『新現実 vol.3』。発売日は21日みたい。
実際に表紙の絵柄を見るのは初めてだけれど、いやこれは正しすぎて間違えてしまったという例ではないだろうか。ただ問題なのは、その間違いすらも「あえてした」間違いであり、何らかの戦略性を持っているかも知れない訳で……いやはや判断に困るものです(何言ってるか判りません)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年4月15日

新現実 vol.3

仕事もしてないくせに日記なぞ書きおってからに、と各方面から非難されるのが怖かったのでしばらくここに書き込むのを控えていたのだけれど、まあ告知するくらいなら良かろうと思うので一つ告知。
待望(?)の『新現実 vol.3』が角川書店より今月20日(21日とか22日とかいう説もあるようだけど)に発売されるそうな。そいつに小説「飛鳥井全死は間違えない」を寄稿したので、興味のある人はどうぞ宜しく。志位和夫氏のインタヴューが載ってるような雑誌に一緒に掲載されるというのはいやはやどんなものだろう。しかも表紙は大嶋優木氏ということで、全くもって愉快な本であることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年7月 »