« Comic新現実 | トップページ | 告知 »

2004年9月29日

理研萌え

・『飛鳥井全死は間違えない』の続きが掲載された『Comic新現実 vol.1』[bk1] [Amazon]、本日発売です。こちらにオフィシャルページもできています。

液晶モニタを買いました。19インチです。必ずしもハイスペックなランクの製品ではないようですが、安いし、何より机の上が広がっていい感じです。本当はアームも欲しいのですが、1万5000円とかするので、二の足を踏んでいます。別にハイテクでも何でもない物が1万5000円とは……。いや、むしろハイテクでないから高いのか。
ところでAmazonではいくらくらいするのかなと思って見てみたら、存外高くない。
※追記:と思ったら高くなってた。結構値段変動するんですね。↑書いた時は5万円切ってたんだけど。

新元素。リケニウムがいいなあ。ジャポニウムは勘弁。
理研=理化学研究所という名前には、大正ロマン的な、独特の浮世離れした響きがある。片仮名表記しても、妙に馴染む。現実に存在する機関なのにもかかわらず、元素名にしても自己顕示的なやってしまった感がなくていい感じ。

・最近ほりえもんの顔を見かける機会が増えたけれど、ほりえもんの会社とかもう一個のところとかの、メディアでの革命児的な扱いに違和感が。
いずれにせよ分野が新しいだけで、方法論的には昔ながらの営業・プレゼンテーション型ビジネスであって、むしろ恐ろしいほど保守的なものじゃなかろうか。それが悪いというのではないけれど、ネットが開いた可能性とはそういうのじゃないでしょう、と思ったりする。まあ、元々「ベンチャー」なる概念が、旧来の偉い人にも受け入れやすい形にモデレートされた革新性なので、この扱いも妥当ではあるのだけれど。
※別に批判じゃないです。ただ何となく、共産主義を革新と呼ぶみたいなアナクロさを感じて変なの、と思うだけです。

|

« Comic新現実 | トップページ | 告知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5802/1547313

この記事へのトラックバック一覧です: 理研萌え:

« Comic新現実 | トップページ | 告知 »