« ゼロアカ/文学フリマ | トップページ | ヤクザガール11話 »

2008年11月19日

ヤクザガール10話

『ヤクザガール』10話掲載のエロスの殿堂『チャンピオンRED』1月号(もう2009年!)発売中ですよ~。

チャンピオン RED (レッド) 2009年 01月号 [雑誌]チャンピオン RED (レッド) 2009年 01月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『ヤクザガール』1巻も増刷するのでよろしくです~☆

軽佻浮薄な感じで攻めてみました。

さて。
去る11月9日、文学フリマが開催されました。村上&峰尾ペアは見事第四関門を突破してくれました。嬉しい限りです。そして、おめでとうございます。

自分がインタビュー受けたから言うわけではありませんし、他との比較はできませんが、彼らの本は(というか彼らは)とても良かったと思います。
アバウトかつ抽象的に言うと、「批評」なるものを所与とせず批評そのものが立ち上がる地点・瞬間をもう一度注意深く見定めようとしていたこと、一見して趣味的なものを拠点としながらもそこを突破口として極めて広い世界へと至る回路を切り開こうとしていたこと、それから「東浩紀」に阿諛追従するのでも単純に批判するのでもなくきちんと相対し受け止めた上で乗り越えていこうとしていたこと、あとゆかいでうかつな(笑)人間であること、そういったところにとても好感を持ちました。

この前からゼロアカのことばかり書いているのでお前ちゃんと仕事しろとか言われそうですが、お仕事というのは散文的なので書くことあんまりないけど本業とは関係ないと気楽に書けちゃうというだけのことですよ。……と、言い訳。

あと文学フリマに顔を出してみて、お客さんの顔が見える即売会ってやっぱり良いものだなあ、と改めて思いました。しばらくイベント出てないなあ。

最後にちょっとした補足。
あのインタビューは、いわゆる現下の金融危機の発生前に収録されたものです。なので景気とかに触れたところの話しぶりが微妙に牧歌的です。とはいえ別に発言に修正を加える必要は感じていませんので、お気になさいませんよう。

それでは。

|

« ゼロアカ/文学フリマ | トップページ | ヤクザガール11話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5802/43161767

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクザガール10話:

« ゼロアカ/文学フリマ | トップページ | ヤクザガール11話 »