« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年11月21日

『全死大戦』1巻&2巻

11月25日に角川文庫より『全死大戦1 サイレント・プロローグ』及び『全死大戦2 少女覚醒』が発売されます。

4043943253全死大戦(1) サイレント・プロローグ (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-11-25

by G-Tools
4043943261全死大戦(2) 少女覚醒 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-11-25

by G-Tools

1巻は『飛鳥井全死は間違えない』に、2巻は『荻浦嬢瑠璃は敗北しない』に、それぞれ加筆修正を施した上、タイトルを改めたものです。いわゆる文庫化というやつで、そういう意味では大きな流れとしては変わっていないのですが、シリーズの開幕にふさわしいものとなるよう、ちょこちょこと手を入れています。

冷戦もとっくの昔に終わってしまった今この時代、1989年に生まれた人が成人しようかというこの2009年の終わりに、恥ずかしげもなく光と闇の最終戦争を真顔でやります。
もちろん「今」やるのですから、古い想像力を引っ張り出してくるわけにはいきません。もうすぐ訪れる10年代と、我々が現に生きている21世紀と、そしてきたるべき22世紀のための光と闇の戦い2.0を、アクチュアルな想像力でもって描き出したいと思います。

あと「思い込みの激しい人萌え小説」としてもお読みいただけます。

イラストはBUNBUNさんに担当していただきました。新たに麦子とかビジュアル化されてほーとかへーとかにやにやしてしまいました。

ともあれ、「シリーズの開幕」です。そのまま閉幕してしまわないようによろしくお願いします。
皆さまお誘い合わせの上、お楽しみ下さい。

そういえば『幻魔大戦』のブルーレイも出ますしね!

Twitter始めてます。
http://twitter.com/motonaga_masaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日

『神林長平トリビュート』

ご無沙汰であります。

いつの間にか発売日を過ぎてしまいましたが、『神林長平トリビュート』が発売されました。
八人の作家が八つの神林作品のテーマを独自に展開して書き下ろした、トリビュートアンソロジーです。

4152090839神林長平トリビュート
早川書房編集部
早川書房 2009-11

by G-Tools

内容については……早川書房のサイトに商品ページがありますが、同書でも各編の解説を担当された前島さんによるTwitterでの紹介が参考になるので勝手にリンクしておきます。

・桜坂洋「狐と踊れ」 
・辻村深月「七胴落とし」 
・仁木稔「完璧な涙」 
・円城塔「死して咲く花、実のある夢」 
・森深紅「魂の駆動体」 
・虚淵玄「敵は海賊」 
・元長柾木「我語りて世界あり」 
・海猫沢めろん「言葉使い師」 
(目次順、敬称略)

神林氏による序文もかっこいいので是非。

『全死大戦』1・2も出ますが、これについてはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »